スムーズな業務体制

企業において、オフィスレイアウトを工夫することで様々なメリットを生むことができる。そのメリットとしては、いくつかのことがある。 まずは、オフィスレイアウトの工夫として、一部の場所に集約させるということがある。広いオフィスの場合、人が点在していることで、それぞれの場所で照明やエアコンを付ける必要が出てくる。これを、オフィスの一部に集約させることで、人がいない個所では、照明を消すなどの対策が行え、消費電力を減らすなどの効果を生むことが可能になる。 また、オフィスレイアウトを工夫することで業務効率の向上にもつなげられる。例えば、関連するチームを1か所にまとめるなどにより、連携が取り易くなり、業務の効率化を図ることができる。

オフィスレイアウトを考える上で、最近のトレンドとしていくつかのことがある。まずは、フリースペースの確保がある。 オフィスのレイアウトで、オフィス内のデッドスペースなどにフリースペースを確保し、気軽にミーティングを行える場所を設置するといったことが行われる。これにより、社内のメンバが気軽に会話できるようになり、コミュニケーションの向上につなげることができる。 また、個人ごとに個室のようにデスクスペースを区切ることが行われるケースもある。これにより、周りの人を気にする必要性が軽減され、作業効率を上げることが可能になる。 その他、デスクの場所を固定せず、空いている席を自由に活用してよいというスタイルもトレンドとなりつつある。